株式会社渋谷光学株式会社渋谷光学

English

光学フィルターについて

光学フィルターは大まかに分類すると、吸収タイプ反射タイプの2種類があります。

吸収タイプとは入射した光に対して、必要な波長、光量を透過(通過)させて、それ以外の光を吸収してしまうフィルターです。 入射角度にあまり関係なく、透過と吸収の立ち上がり・たち下がりも緩やかです。分光特性やサイズの選択には制限がありますが、安価の上、加工し易いフィルターです。 50×50mm(最大165×165mmまで)よりご希望のサイズのカット、丸め、穴あけ等々の加工ができますので、ぜひ当社へご相談ください。

反射タイプとは、ガラス基板に特殊金属コーティングまたは誘電体を施し、それにより必要な波長、光量を透過(通過)させて、それ以外の光を反射してしまうフィルターです。 光の入射角度に大きく関わり、急激な立ち上がり・立ち下がりが特長です。また、コーティング膜の取扱いや、使用環境には注意すべき点がありますが、分光特性やサイズ選択には 自由が効くなどのメリットがあります。ご希望の寸法、中心波長、透過率や反射率等々の特性についても、ご指定頂ければ、特注加工いたしますので当社へご連絡ください。

ページのトップへ戻る