株式会社渋谷光学株式会社渋谷光学

English
テストチャート:商品一覧

ロンキー・ルーリング(透過型)

ロンキー・ルーリング(透過型):写真1
ロンキー・ルーリング(透過型):写真2
ロンキー・ルーリング(透過型):写真3

基板は合成石英を使用して、両面とも光学研磨をしております。RR01の詳細図で示すように、長さ76mm、幅26mmの基板(厚み1.5mm)上にロンキー・ルーリングのパターンを酸化クロムで蒸着しております。

ロンキー・ルーリングは平行線を規則正しく配列したパターンのことです。平行線を形成する線幅と空間の幅は等しい関係にあります。単位は、1mm当たりの空間周波数を表すために、“本/mm”が用いられます。基板の右端に600本/mmが表示されております。本/mmという単位は、等幅の黒線と白線各1本ずつを1セットとして、1mm当たりに何セット分あるかを表しています。

ロンキー・ルーリングの使用用途として、撮像光学系の限界解像度やディストーションの評価、回折現象の確認など、様々な用途に利用できます。

ロンキー・ルーリングは、前述の主観評価用途に主に使用される目的のため製造された製品のため、そのパターンの周波数精度などはキャリブレーション用に用いるパターンとしては若干粗く、その用途に対しては一般にお勧めしておりません。

型番 RR01(原版製品) RR02(原版製品)
定価 80,000円 50,000円
詳細図
お問い合わせ ご注文
ページのトップへ戻る